ベビーシッターについて

ベビーシッターという言葉は、今ではずいぶんと耳慣れたものになりました。

以前は、アメリカ映画の中で見かけたり聞いたりする程度のものでした。



登場するのは、たいてい大学生のアルバイトで、気楽に子供たちの相手を引き受けている姿を映画でよく見かけたものです。

しかしそれは厳然として存在する事実でもあり、日本人の多くは、それがアルバイトとしてごくごく普通のことであることを映画から学んだものです。
しかし今や、時代はアメリカに追いつきました。

時代の変化に伴い、日本でもベビーシッターの存在がクローズアップされています。

何よりも今の時代にあっては、ベビーシッターは大学生のアルバイトでは収まらないという変化があります。

Yahoo!ニュースの相談ならココです。

れっきとした職業として、日本の社会に馴染みの物になってきているのです。
技能検定を受けた上で資格を持った、いわばプロフェッショナルが子どもたちの相手をする時代です。


それは、コミュニケーションのまだ取りづらい幼児から、やんちゃざかりの成長期の子どもたちまでを相手にすることを意味しています。


ベビーシッターという言葉の持つどこか軽い響きは、現実の仕事の前では消えようとしています。何故ならそれは、一種の介護士であり保育士でもあるというレベルの仕事だからです。



そして、ここまで生活に密着した存在ということは、ひとりの家族のようなものなのです。ベビーシッターを招くということは、新たな家族を迎え入れるということであり、新たな人生の出会いの始まりでもあるのです。